もぽにゃのらぼらとりへようこそ
もぽにゃのらぼらとりは、創作絵本と手作り
おもちゃや遊びを紹介していくブログです。

初めての方はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓ 
◆はじめに

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

夏祭りなどのイベントで子供たちが喜ぶ

ゲームとして、お菓子釣りを紹介します。

ルール:釣ったお菓子をあげます。
簡単に釣れるものから釣れなさそうで釣れる
重さのお菓子も入れておきます。

長所:水を使わない、持ち運びが容易
短所:釣り具とお菓子への細工が必要です。

<広告>



 

作例

1.材料

1-1.釣り具

低予算でつくるので釣り道具は100円

ショップで揃えています。

 

①おもちゃの釣りセット

釣り針のところが磁石になっている

ものを選んでいます。

 

②糸

釣り糸を延長します。

釣り糸の延長はリールを巻く時の手応えで

ワクワク・ドキドキ感をだします。

 

③磁石(ネオジウム磁石)

おもちゃの磁石では磁力が弱いので磁石を変えます。

 

④クリップ

お菓子に取り付けます。

釣り竿の磁石でクリップを狙って釣りあげます。

 

1-2.釣り堀

雰囲気作りとリールを巻いて釣り上げる時の

ドキドキ感を出すため、お菓子をいれる容器

を準備します。

 

今回は、釣り堀にビニールプールを使っています。

 

ダンボール箱でもよいのですが見た目が悪いので

デコレーションしてやると結構手間になるので、

ビニールプールが良いかと思います。

プールサイズは直径1.14mで高さ25cm
(子供の手+釣り竿の長さで設定しています)

 

2.作成

2-1.おもちゃの釣り竿を改造します

もともとのおもちゃのままでもよいのですが、

リールを巻き上げる手ごたえと竿のしなりで

ドキドキ感を出すため糸を長くするのと重い

ものを釣れるようにします。

 

まず、釣り糸を交換します。

写真の”〇”のところのネジを取外しリールをばらします。

 

リールの中からドラムを取り出します。

 

さらにドラムをばらし釣り糸を外します。

 

 

新しい釣り糸に交換

(作例では白⇒ピンクに変更してます)。

釣り糸の長さは120cm程にしています

(釣り竿の長さ+100cm)。

 

竿に新しい釣り糸を通します。

 

ドラムを組みます。

リールの中にドラムをもどします。

 

釣り針部分の釣り糸も、しっかり縛って

おきます。

 

ハンドルを取り付け、ネジを締めれば、

釣り糸の取替え完了です。

<広告>



次に、釣り針に磁石をつけます。

釣り針側磁石に、瞬間接着剤をつけます。

磁力でくっつけ接着剤が硬化するまで

放置します。

(瞬間接着剤は白くなるので、 紙を敷いて

作業しましょう)

 

これで釣り竿の完成です。

組み終わったあとは、釣り糸が巻けるか

確認しておきます。

 

釣り竿は3本ほど準備しておきます。

 

2-2.お菓子にクリップを付ける

下の写真のようにクリップを取り付けます。

クリップは回収しやすいように、テープ

では留めません。

試し釣りをしてみて釣れないようなら同じ

個所に、もう1個クリップをます。

 

2-3.釣り堀完成

ビニールプールに準備したお菓子を平ら

において完了です。

 

お菓子を重ねると釣れなくなるので、重なら

ないように置きます。

 

◇準備ができたら、事前に釣ってみましょう。

◇子供が釣る時 事前に「クリップは返してね」

と言っておきます。

 

【関連記事】 缶倒し
玉入れ
射的(ゴム鉄砲)
射的(スポンジ鉄砲)


◆トップページへ